在籍確認なしで借りれるカードローン・職場にバレない方法と注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

カードローン・消費者金融・キャッシングで借入する際に、避けては通れないのが貸金業者からの在籍確認です。職場に電話がかかってきて同僚や上司にバレないか心配になりますよね。

でも、実は在籍確認での職場バレはそれほど心配する必要はなく、会社への電話連絡も回避できる方法はあるのです。

この記事では、在籍確認が職場にバレないか心配な方向けに、職場への電話確認なしで借りれるカードローンと、派遣社員やアルバイトなど立場別の注意点、アリバイや代行などの方法を解説しています。

この記事を読めば、カードローンの在籍確認についての心配事を解消することができます。

 

スポンサーリンク

 

在籍確認なしで借りれるカードローン・職場にバレない方法と注意点のまとめ

この記事では「在籍確認なしで借りれるカードローン・職場にバレない方法と注意点」と題して、以下の内容を詳しく解説しています。

  • 在籍確認の電話連絡なしで借りれるカードローン・消費者金融・キャッシング(頭出しリンク)
  • 在籍確認はあるが審査に通りやすいカードローン・消費者金融・キャッシング(頭出しリンク)
  • 在籍確認とは?具体的な流れ(頭出しリンク)
  • 在籍確認を職場にバレないための方法と注意点・職場に話す言い訳
  • 立場別(正社員・契約社員/派遣社員/アルバイト・パート)の在籍確認を職場にバレないための方法と注意点(頭出しリンク)
  • その他の在籍確認を職場にバレないための方法と注意点(在籍確認代行・アリバイ会社)(頭出しリンク)

急いで知りたい方は、上の目次のリンクから気になる記事に飛んでください。お時間があれば順番に記事を読んでください。

 

在籍確認の電話連絡なしで借りれるカードローン・消費者金融・キャッシング

 

在籍確認なしで借りれるカードローン・消費者金融・キャッシングについて解説していきます。

 

在籍確認なしで借りれるカードローン・消費者金融・キャッシングは無い

実は、在籍確認なしで借りれるカードローン・消費者金融・キャッシングはありません。どんなカードローン会社でも、申込者の「安定した収入」があることの裏付けのために、「本当にその職場で働いているのか」ということを確認する必要があるからです。

ただし、わたしたちは「在籍確認」そのものが嫌なのではなく「在籍確認の電話連絡により職場にバレる」ことを心配しているので、この記事では「在籍確認のための電話連絡がない」カードローンを紹介します。

在籍確認はあるが審査に通りやすいカードローン・消費者金融・キャッシング

在籍確認がないカードローンはありませんが、少しでも審査に通りやすいカードローンに申し込みましょう。

大手カードローンですでに借入したことのある方や自分がブラックだと思っている方

大手カードローンですでに借入したことのある方や、自分がブラックだと思っている方は、以下の中小消費者金融会社で申し込むといいでしょう。大手カードローンの審査に通らなかった方も、独自の審査で積極融資している中小消費者金融会社なら、審査に通る可能性があります。

おすすめ中小消費者金融会社

審査に通りやすい順に並べています。※みんなの教科書独自調べ

消費者金融会社 実質年率 借入限度額
↓新規申し込み用サイト↓
消費者金融 フクホー
最短で即日融資!
公式サイトで24時間お申込み可能!
7.30%~18.0% 5~200万円
株式会社アロー
来店不要!最短45分で審査完了! 
15.00%~19.94% 200万円
キャッシングのフタバは最短即日融資!
30日間無利息キャンペーン中
14.959%~17.950% 50万円
キャッシングのセントラル  4.80%~18.00% 100万円

過去に自己破産や債務整理された方もご相談下さい。(要審査)

株式会社アルコシステム 

15.00%~20.00% 50万円

中央リテール
おまとめ専用ローン!

10.95~13.0% 500万円
ライフティ 8.0%~20.0% 500万円

 

また、みんなの教科書では、別記事でブラックでも借りれるカードローン・消費者金融を解説しています。「自分はブラックかもしれない・・・」と悩んでいる方はぜひお読みください。

延滞でブラックでもお金を借りられる消費者金融・キャッシングhttp://minnanokyoukasho.com/money-debt-cashing4

在籍確認とは?具体的な流れ

そもそも在籍確認とは何なのでしょうか。また、在籍確認の具体的な流れをご紹介します。

カードローンの融資条件

カードローンや消費者金融などでお金を借りるためには、どんな「貸金業者」でも必ず「安定した収入があり返済できる事」という条件があります。貸金業者は「利用者にお金を貸して金利を得る」というビジネスモデルのため、借りても金利が払えなかったり元本が返せなかったりする可能性のある人にはお金を貸したくない、というのが本音なのです。

では、金利を定期的に払ってくれ最後には元本を返済してくれる人がどんな人かというと、それが「返済できるだけの安定した収入がある事」なのです。

カードローンにおける在籍確認はなぜ必要なのか?

では、カードローン会社・消費者金融会社は、融資条件である「返済できるだけの安定した収入がある事」をどのように審査しているのでしょうか?審査方法の1つが収入証明書による確認と、もう1つの方法が在籍確認なのです。

収入証明書

カードローンでの借入については、原則として収入証明書が必要になります。

※50万円以下の借入で他社からの借入含め総額100万円以下なら不要の場合もあり

収入証明書とは、「利用申込者が働いて報酬を得て税金を払っている事」を証明する書類の事です。カードローン会社によって何を収入証明書とするかは微妙に異なりますが、おおむね下記の書類が対象になります。

名称

内容

給与明細書

勤務先から毎月発行される

源泉徴収票

勤務先から12月末に発行される

所得証明書

勤務先に依頼すると発行される

課税証明書(住民税)

市区町村から6月に発行される

確定申告書

個人事業主などが3月までに作成

この収入証明書により、安定した収入があることをカードローン会社に示すことができます。

在籍確認

収入証明書はあくまで過去にそうした収入があったことを示すもので、現在から将来にかけての収入を表しているとは限りません。例えば、収入証明書に記載されている日付の直後にその会社を退職していたあら、今後それだけの収入があるかどうか分かりませんよね。

そのため、カードローン会社はは「本当にその勤め先に所属して働いているか」を確認します。これが在籍確認です。

在籍確認の具体的な流れ

在籍確認は、一般的には電話によるものがほとんどです。カードローンの申込をすると、後日、審査担当者から職場に電話がかかってきます。例えば下の図の流れのように進みます。

図にあるように、「カードローン会社名」を告げることはなく「個人名」で電話がかかってきますので、基本的には職場にバレる心配はいりません。

在籍確認を職場にバレないための方法と注意点・職場に話す言い訳

それでは、在籍確認を職場にバレないためにはどんな方法があるのでしょうか。注意点や、職場に話す言い訳(例)について解説します。

そもそも在籍確認(電話連絡)は必ずあるのか?

カードローンで借入する場合、在籍確認(電話連絡)は必ずある訳ではありません。借入の際に提出する申込書・収入証明書の内容によって、利用申込者の信頼性が高ければ、審査担当者が「在籍確認(電話連絡)不要」と判断することもあるのです。

一般的には、以下のような方は在籍確認(電話連絡)が省略される場合があります。

  • 公務員
  • 上場企業の役員、社員
  • 年収が高い(約700万円以上)

在籍確認(電話連絡)を避ける方法

在籍確認(電話連絡)を絶対に避けられるとは言い切れませんが、在籍確認(電話連絡)を避ける方法はあります。まず前提として、カードローン会社の審査担当者も、せっかく申込があったのだから条件を満たす方には貸し出したいのが本音なのです。かといって金利や元本の返済が滞っては困るのですが、審査担当者が「そういう事情なら仕方ない」「在籍確認(電話連絡)無しでも大丈夫だろう」と思ってもらえればいいわけです。

なるべく最近の給与明細書や健康保険証を提出する

カードローン会社に提出する身分証明書や収入証明書は、なるべく会社名が記載されている健康保険証、源泉徴収票や給与明細書を提出するようにしましょう。特に収入証明書は、直近数ヶ月の給与明細を提出することで、実際にその会社に勤務している事を裏付けることになります。

なるべく借入金額を少額にする

まずは借入金額を少額にすればするほど、在籍確認(電話連絡)が省略される可能性が高くなります。カードローン会社も貸し倒れのリスクが高いから在籍確認(電話連絡)をするので、少額であればリスクが小さくなるからです。具体的には、10万円以下が目安となります。

カードローン会社に「電話連絡無し」の希望を伝える

次にカードローン会社に「電話連絡無し」の希望を伝えてみましょう。店舗やATM、電話申込であれば申込時にその希望を伝え、ネット申込であればオペレーターからの意思確認の電話の際に伝えてみましょう。理由としては、以下のような理由が適切です。

  • 業務内容的に電話の取次ができない職場だから

例えば、「アウトバウンド(外部に電話をかける)コールセンターなどで勤務していて外部から電話が取り次がれない」「そもそも外部からの電話連絡が不要な部門で働いている」

  • 個人情報に厳しく在籍しているかどうか答えない職場だから

例えば、「経理部門に在籍しておりセキュリティ面から在籍確認ができない」「会社の方針で個人情報(名前など)を外部に伝えない」

  • 私用電話が禁止されている職場だから

例えば、「仕事中に私用電話が禁止されており個人名では取り次がれない」「外部に電話番号を教えるのを禁止されている」

在籍確認(電話連絡)の注意点

こうした方法を使っても、それでも在籍確認(電話連絡)を避けられない場合もあります。その場合は、以下のような点に注意して在籍確認(電話連絡)を乗り切りましょう。

確実に連絡がつく電話番号を伝える

カードローンの申込時に職場の電話番号を記載する必要がありますが、その場合、確実に自分につながる電話番号を伝えましょう。例えば支店や営業所勤務の場合に、本社の電話番号を記載してしまうような事が無いように注意しましょう。また、支店や営業所であっても代表電話でなく部門の電話番号を記載しましょう。直通番号があればなお良いですね。

なるべく電話に出れる時間帯を伝える

部門や直通電話を伝えられれば、できれば在籍確認の電話は自分で出てしまうのが一番です。カードローン会社によっては在籍確認の電話の希望時間を伝えることで、その時間にかけてくれるところもあります。業務が忙しくて自分で取れない時間帯は避けてもらいましょう。

電話をかけてくる個人名の希望を伝える

会社によってはどうしても一度代表電話にかかり、その後内線などで部門に電話が回ってくる仕組みの会社もあります。その場合、自分で出ることができませんので、職場の方に不審がられないように自分や親戚の名前を名乗って電話してくれるように、カードローン会社に依頼してみましょう。

在籍確認(電話連絡)があった時に職場に話す言い訳(例)

なるべく在籍確認(電話連絡)が省略されるような方法を使い、できるだけ自分で出れるように注意しても、それでも避けられなかった時はどうしたらいいでしょうか。

会社に在籍確認(電話連絡)があるかもしれない旨を事前に伝えておく

まず、可能であれば上司や同僚に在籍確認(電話連絡)があるかもしれない旨を事前に伝えておくと良いでしょう。カードローンの在籍確認(電話連絡)とは言いづらいと思うので、以下のような名目を伝えると不自然にはならないでしょう。

  • 親戚や兄弟の引っ越しや入学の保証人
  • クレジットカードの申込
  • 銀行口座開設の申込
  • 生命保険加入の申込
  • カードローン以外の借金(自動車ローンや住宅ローン)

上司や同僚が在籍確認(電話連絡)の電話に出た時の言い訳(例)

上司や同僚に在籍確認(電話連絡)があるかもしれないと事前に伝えられず、上司や同僚が電話に出てしまって「今の電話なんなの?」と聞かれた場合も、同じような名目が言い訳になります。

  • 親戚や兄弟の引っ越しや入学の保証人
  • クレジットカードの申込
  • 銀行口座開設の申込
  • 生命保険加入の申込
  • カードローン以外の借金(自動車ローンや住宅ローン)

おすすめは、「親戚の奨学金の保証人になった」という名目です。最近は奨学金の合計が1,000万円近くなることや、奨学金の返済が滞っていることがニュースになっているので、聞いた方も身近な問題と感じるでしょう。また、在籍確認(電話連絡)の必要性も納得いくと思います。

「どうして個人名でかかってくるの?」と聞かれたら、「奨学金を使っていることや保証人になっていることも個人情報なので、最近は会社名や組織名は名乗らないらしいよ」と答えると良いでしょう。

立場別(正社員・契約社員/派遣社員/アルバイト・パート)の在籍確認を職場にバレないための方法と注意点

次に、立場別に在籍確認を職場にバレないための方法と注意点を解説します。

正社員・契約社員

正社員や契約社員は、特に気をつけなくてはいけない注意点は少ないです。押さえておきたい注意点としては、「自分の勤務先の代表電話でなく、部門や直通電話を伝えること」です。また、在籍確認(電話連絡)の言い訳としても、「親戚の奨学金の保証人になった」がしっくりくるでしょう。

派遣社員

派遣社員の場合、伝える連絡先が派遣元(所属する派遣会社)なのか派遣先なのか迷う方も多いと思いますが、派遣元の電話番号が連絡先となる場合が多いです(カードローン会社によって異なる)。

そのため注意点としては、1つは「派遣社員なので派遣会社が在籍しているかどうか答えないかもしれない」とカードローン会社に伝えておくことです。派遣会社の場合個人名でかかってきても、在籍しているかどうかに答えないケースも多いので、カードローン会社にとってもそれほど不自然ではありません。

また、もし可能であれば「事前に会社に在籍確認(電話連絡)があるかもしれないと伝えておくこと」も重要です。

在籍確認(電話連絡)の言い訳としても、「親戚の奨学金の保証人になった」で問題ないでしょう。

アルバイト・パート

アルバイト・パートの場合、そもそも外部から会社あてに電話がかかってくる事自体が不自然です。「なぜ携帯電話にかけてこないのか?」という点が不審なので、注意点および言い訳としては「アルバイトでも入れるクレジットカードに申し込んだので、職場に確認の電話がかかってきた」というのがベターでしょう。アルバイト・パートの場合は、「奨学金の保証人」「住宅ローン」などは不自然な言い訳になります。

その他の在籍確認を職場にバレないための方法と注意点(在籍確認代行・アリバイ会社)

こうしたカードローンの在籍確認を逃れるために、世の中には在籍確認代行やアリバイ会社が存在します。

在籍確認代行・アリバイ会社とは

在籍確認代行とは、名前の通りカードローンの在籍確認を代行してくれる会社です。簡単に言うと、現実に存在しない会社をでっちあげ、あたかも本当に勤務しているようにカードローンからの在籍確認(電話連絡)に答えるというものです。

アリバイ会社は、こちらも存在しない会社アリバイを作ってくれる会社です。在籍確認代行会社のように電話連絡だけでなく、例えば、以下のような書類の偽造までしてくれます。

  • 社員証・名刺
  • 給与明細書・源泉徴収票
  • 雇用証明書・就労証明書

もともと風俗嬢など表立って何の仕事をしているか言いづらい人向けに始まったサービスです。しかし、例えば無職なのに仕事をしているふりをしてカードローンで借りたり、無収入なのに収入があるふりをして住宅ローンを組んだり、専業主婦なのに共働きと偽り子供を保育園に入れたりと悪用するケースがあります。

電話連絡にしても書類偽造にしても、いずれにしても「ウソをつく」訳ですから、かなりグレーなサービスです。

在籍確認代行・アリバイ作成なんてできるの?

こうしたカードローンの在籍確認代行ですが、「そんな事ができるの?」と疑問に思うかもしれません。

カードローンの在籍確認(電話連絡)は、何か詳しく本人確認の質問をすることはなく、あくまでもその会社に「在籍」していることを確かめるためのみに行われます。そのため、代行自体はそれほど難しくなく、カードローン会社の審査担当者のスキルによっては、代行を見破れず審査に通ってしまう可能性があります。

在籍確認代行・アリバイ会社を利用しても良いのか?

この在籍確認代行・アリバイ会社を利用するには、利用申込の段階で虚偽の申告(会社名・電話番号など)をすることになり、これらの方法により借入をすると詐欺にあたる可能性がありますので、絶対に使ってはいけません。

また、詐欺については未遂罪も適用されるので、仮にカードローン会社に発覚して審査に通らなかったとしても、申込しただけでも罪になる可能性があります。

(ご参考)

(詐欺)

第二百四十六条 人を欺いて財物を交付させた者は、十年以下の懲役に処する。

2 前項の方法により、財産上不法の利益を得、又は他人にこれを得させた者も、同項と同様とする。

(未遂罪)

第二百五十条 この章の罪の未遂は、罰する。(引用)

また、アリバイ会社を利用して各種書類を偽造すると、私文書偽造に問われる可能性もあります。

(私文書偽造等)

第百五十九条 行使の目的で、他人の印章若しくは署名を使用して権利、義務若しくは事実証明に関する文書若しくは図画を偽造し、又は偽造した他人の印章若しくは署名を使用して権利、義務若しくは事実証明に関する文書若しくは図画を偽造した者は、三月以上五年以下の懲役に処する。

2 他人が押印し又は署名した権利、義務又は事実証明に関する文書又は図画を変造した者も、前項と同様とする。

3 前二項に規定するもののほか、権利、義務又は事実証明に関する文書又は図画を偽造し、又は変造した者は、一年以下の懲役又は十万円以下の罰金に処する。(引用)

※刑法については以下から引用しています。

電子政府の総合窓口e-Gov https://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=140AC0000000045#1054

 

在籍確認なしで借りれるカードローン・職場にバレない方法と注意点のまとめ

この記事では「在籍確認なしで借りれるカードローン・職場にバレない方法と注意点」と題して、以下の内容を詳しく解説しています。

  • 在籍確認の電話連絡なしで借りれるカードローン・消費者金融・キャッシング
  • 在籍確認はあるが審査に通りやすいカードローン・消費者金融・キャッシング
  • 在籍確認とは?具体的な流れ
  • 在籍確認を職場にバレないための方法と注意点・職場に話す言い訳
  • 立場別(正社員・契約社員/派遣社員/アルバイト・パート)の在籍確認を職場にバレないための方法と注意点
  • その他の在籍確認を職場にバレないための方法と注意点(在籍確認代行・アリバイ会社)

在籍確認なしで借りれるカードローンを探している方や、在籍確認が職場にバレないか心配な方にとって有益な記事になれば幸いです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。