最近話題の金欠解消方法!給料ファクタリングとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

作成日 2020年2月10日

給料ファクタリングというものをご存じですか?

ファクタリングいえば、企業や個人事業主が保有している「売掛金」を第三者であるファクタリング会社が買取り、売掛債権保有企業に事業資金を提供することですが、では給料ファクタリングとは何なのか。
ずばり、個人が「給与債権」をファクタリング会社に買い取ってもらって現金を受け取る仕組みとなります。

スポンサーリンク

給与ファクタリングの仕組み

給料ファクタリングは「給与債権」をファクタリング会社に買い取ってもらいます。いきなりそう言われても「給与債権て何?」と思いますよね。その仕組みをご説明します。

まずファクタリングとは簡単に言えば、売掛金(債権)を現金で買い取るというサービスです。
そして「給与債権」とは、社員が会社から給与を受け取る権利(債権)のことです。
「売掛金」は企業が別な企業から商品の対価を後日受け取る権利(債権)のことですので、給与債権も売掛金と同じように現金で買い取ってもらえるサービスが給与ファクタリングとなります

給与ファクタリングの手数料

ローンやキャッシングでは返済までに利息が発生しますが、給料ファクタリングは債権の売却なので返済はなく利息は発生しません。
その代わりに手数料が発生します
手数料はファクタリング会社や金額などによりますが10~20%程度が相場のようです。

30万円のファクタリングであれば手数料は3万円~6万円となり、手元には24万円~27万円が現金として受け取れることになります。
決して低い額の手数料ではありませんので、本当に今すぐに必要なのか、それだけの金額が必要なのか、状況に応じた計画的な利用検討は必要です。

給与ファクタリングのメリット

給与ファクタリングにもメリットはあります。

・いわゆるブラックリストなどの審査がない

給料をもらう権利を売却する、という形態なので、例えば以前の借金で滞納したことがあったりしても影響されることなく利用が可能です。給料をもらう権利を持っていればいいのです。

・借り入れではないので信用調査などに影響がない

借り入れではないので、信用調査などの時に影響がでません

・即日入金可能な会社もある

ローンやキャッシングと同じように即日入金を行ってくれる会社もあります。すぐに必要な時にローンやキャッシング以外の選択肢として検討できるのはうれしいですね。

給与ファクタリングの種類

給与ファクタリングには2種類あります。

2者間によるファクタリング契約

2者間での契約の際は、給与債権の売却申込者とファクタリング会社のみで契約が行われます。
この場合、申込者は通常通り給与が振り込まれたら、ファクタリング会社へ支払いを行います。
申込者に入金後の支払いの手間がありますが、会社には関係がないところでの契約なので知られることはありません

3者間によるファクタリング契約

3者間での契約は、ファクタリング会社と給与債権の売却申込者の他に、申込者の雇用会社の3者で契約が行われます。
2者間での契約と違い、この場合には雇用会社から直接ファクタリング会社へと支払いが行われます。
会社に知られてしまいますが、契約を承認してもらえれば、申込者は支払いの手間がありません

給与ファクタリングの流れ

給与ファクタリングの申し込みから支払いまでは基本的にこの流れになります。

1)ファクタリング会社へ申し込み問い合わせ

2)公的身分証明書(顔写真付き)や給与明細など必要書類の提出

3)提出書類によるファクタリング会社での確認・審査

4)ファクタリング会社からの入金

5)支給給与による支払い

おススメの給与ファクタリング会社

1. 七福神

以前の記事でもご紹介した給与ファクタリング会社、七福神です。
公式HPで「申し込みから最短30分で給料ファクタリングによる資金化が可能」とあるように素早く現金にしたい方におススメです。

お申込みは公式HPから 

まとめ

給与ファクタリングについて少しは知っていただくことができたでしょうか。
急にお金が必要になったときに、キャッシュやローンだけでなく給与ファクタリングがあるということを知っていれば、
それぞれのメリット、デメリットを比較検討することで、失敗せずにより良い選択をすることができるはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。