5分で分かるリボ払いの危険性!金利手数料と元金利息返済額を計算

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
By: Sean MacEntee

クレジットカードは、手持ちのお金が無い時でも買い物したりサービスを利用できたりできます。ですが支払い方法の1つ「リボ払い」は使い過ぎると残高が増えて金利負担が多くなることがあります。

そこで今回はリボ払いの危険性について解説します。リボ払いの金利手数料の計算を行い元本利息の返済額がどれぐらい増えるのかをシミュレーションしています。リボ払いは使い方によってはとても便利ですが、危険性を十分理解した上で使うようにしましょう。

スポンサーリンク

 

まずはここから理解しよう!クレジットカードの仕組みと支払い方法


クレジットカードの仕組み

クレジットカードは商品・サービスの購入・利用代金を決済する手段の1つです。クレジットカード発行会社が、利用者の信用に基づきカードを発行し代金を立て替え、後日利用者が代金をクレジットカード会社に支払うという仕組みです。

利用者にとっては現金が無くても代金後払いで商品の購入やサービスの利用ができる訳ですね。

クレジットカードには利用可能枠があり、例えば利用可能枠が100万円なら100万円を超えない限りは何回でもカードを使うことができます。しかしクレジットカードはあくまで「代金の後払い」に過ぎないので、当然後で返す必要があるため自分が返せる範囲内での利用におさえる必要があります。

クレジットカードの支払い方法

クレジットカードの支払い方法には以下の4つの方法があります。

支払い方法 内容 手数料(金利負担)
翌月一括(1回)払い 購入・利用した翌月に一括で支払う なし
ボーナス一括(1回)払い 購入・利用した翌ボーナス時期に購入・利用代金を一括で支払う 原則なし
分割払い 購入・利用時に決めた支払回数・支払額で支払う 通常は3回以上の分割払いだと手数料(金利負担)がかかる
リボ払い(リボルビング払い) 支払額を「定額」「定率」「残高スライド」などの方式で支払う 手数料(金利負担)がかかる

今回はリボ払い(リボルビング払い)について解説していきます。

リボ払いの危険性!金利手数料計算・元金利息返済額シミュレーション


リボ払いの支払い方式

リボ払いには「定額」「定率」「残高スライド」の3つの方式があり、それぞれの内容は以下の通りです。

支払い方方式 内容
定額方式 毎月の支払う額を定額(例えば1万円)に決めておき支払う方式
定率方式 毎月の支払う額を「残高」の一定割合(例えば10%)に決めておき支払う方式
残高スライド 定額方式の一種で、毎月の支払う額を「残高」に応じて変えていく方式(例えば残高10万円までは10,000円、20万円までは15,000円)

多くのクレジットカード会社では「残高スライド」方式を採用しています。

リボ払いの元金利息返済額シミュレーション

では、リボ払いと一括払いとではどれくらい返済額が異なってくるかを確認してみましょう。以下の条件でシミュレーションしてみました。

  • 25万円のパソコンをクレジットカードで購入
  • 実質金利15%
  • 毎月1万円ずつ支払い(「元利定額」元金と利息の合計支払い額が1万円定額)
支払月数 支払額(円) 支払元金(円) 支払手数料(円) 元金残高(円)
10,000 7,500 2,500 242,500
2 10,000 6,969 3,031 235,531
3 10,000 7,056  2,944 228,475
4 10,000 7,145 2,855 221,330
5 10,000 7,234 2,766 214,096
6 10,000 7,324 2,676 206,772
7 10,000 7,416 2,584 199,356
8 10,000 7,509 2,491 191,847
9 10,000 7,602 2,398 184,245
10 10,000 7,697 2,303 176,548
11 10,000 7,794 2,206 168,754
12 10,000 7,891 2,109 160,863
13 10,000 7,990 2,010 152,873
14 10,000 8,090 1,910 144,783
15 10,000 8,191 1,809 136,592
16 10,000 8,293 1,707 128,299
17 10,000 8,397 1,603 119,902
18 10,000 8,502 1,498 111,400
19 10,000 8,608 1,392 102,792
20 10,000 8,716 1,284 94,076
21 10,000 8,825 1,175 85,251
22 10,000 8,935  1,065 76,316
23 10,000 9,047 953 67,269
24 10,000 9,160  840 58,109
25 10,000 9,274 726 48,835
26 10,000 9,390 610 39,445
27 10,000 9,507 493 29,938
28 10,000 9,626  374 20,312
29 10,000 9,747 253 10,565
30 10,000 9,868 132 697
31 705 697 8  
合計 300,705 50,705     

リボ払いだと支払額は300,705円となります。一括払いであれば手数料(金利負担)無しなので支払額は30万円ですから リボ払いだと5万円以上も多く支払うことになるのですね。支払い期間も31ヶ月と3年近くかかってきます。

なぜこうした結果になるかというと、定額方式のリボ払いで支払っていくと元本の減り方が遅くなりそれだけ手数料(金利負担)の額が多くなり期間が長くなるからなのです。

1つの買い物でこうした金利負担なので、新たに買い物やサービス利用を繰り返しクレジットカードのリボ払いで支払っていくと、いずれ金利負担が重くなり返せなくなるということもあり得るのです。リボ払いは支払い総額が想像よりも多くなることがあり得るということを忘れずに気をつけて利用してください。

お得でおすすめのクレジットカード

これからクレジットカードをつくろうとされている方には、楽天カードがおすすめです。特に、ネットの楽天市場でよく買い物をする方にはとてもお得なサービスがあります。

  • 楽天カードで店舗などで利用すると100円ごとに1ポイント貯まる
  • 楽天市場でカード利用すると通常の4倍のポイントが貯まる
  • 貯まったポイントは1ポイント=1円相当として使える
  • セキュリティ対策も万全
  • 最大2,000万円の海外旅行傷害保険つき

また、現在はキャンペーン期間中で、新規入会&利用でもらえる5,000ポイントが8,000ポイントに増えています(2016年5月16日10時~2016年5月23日10時)。※期間限定キャンペーンは申し込み時期によって内容が変わったり、中止になったりする場合があります。ご注意ください。

楽天カードはこちらから申し込みできます。

楽天カード新規入会キャンペーン

スポンサーリンク

ご参考 すぐにお金を借りれるカードローン・キャッシング

ここでは、どうしても急にお金が必要な時のために、最短30分でお金を借りれるキャッシングをご紹介します。

もちろんキャッシングは借金なので利息がかかってしまいます。ですが、10万円を年率18%で借りたとして、1日の利息は49円なので今すぐお金が必要な時は借りてしまったほうがよいかもしれません。

特に、レイク・アコム・プロミスなら30日間無利息でお金を借りることもできるのでオススメです。レイク・アコム・プロミスは別記事で詳細解説していますのであわせてお読みください。

①レイクは平日14時までに契約完了なら原則即日融資・即日振込!

最初にご紹介するのがレイクです。

レイクは正確には消費者金融会社でなく「銀行カードローン」に該当しますが、レイクの特徴は、なんといっても、初めて利用する場合に30日間無利息サービスが受けられ、かつ、契約額1万円~200万円までの方は借入額のうち5万円を180日間無利息で借りられます。これは、ほかのキャッシング・カードローン・消費者金融会社には見られないお得なサービスです。

審査は原則即日、平日14時までに契約完了すれば当日振込可能(14時45分までに振込依頼)です。申し込んだら即日審査、今日中にお金を借りることも可能です。お問い合わせ、お申し込みは下のリンクから行うことができます。

レイクについては、他にもお得で便利な情報を記事で解説しています。あわせてお読みください。

②アコムなら最短30分で審査完了、はじめての方なら最大30日間金利0円!

次にご紹介するのがアコムです。はじめてキャッシング・消費者金融を利用される方でも安心して利用できるアコムには、以下のような特徴のサービスがあります。

  • スマホやパソコンでのインターネットで申込完結
  • 3秒診断
    借入可能かどうか、ネットですぐに確認できます。
  • 審査は最短30分!もちろん、当日振込可能
    審査は最短30分。当日振込で、申し込んだその日にお金を借りることも可能です。
    ※受付時間によっては、振込が翌営業日となる場合があります。
  • 30日間金利0円
    ※はじめてアコムを利用する場合に限ります。

アコムへのお申し込みは下のリンクから行うことができます。

アコムについては、他にもサービスの内容を詳しく解説しています。あわせてお読みください。

最短1時間で審査終了・平日14時までに契約完了できたら当日振込!プロミス

3つ目にご紹介するのがプロミスです。プロミスの最大の特徴は最短1時間で審査が終了し、平日14時までに契約完了できれば当日振込というスピードの速さです。24時間365日申し込み可能なので急にお金が必要になった時に便利です。

金利は4.5%~17.8%と、一般的なキャッシング・消費者金融よりも低めです。担保・保証人不要、年齢20歳以上・69歳以下のご本人に安定した収入のある方なら、主婦や学生でも申込可能です。

CMでもよく見かける名前が広く知られている大手消費者金融会社というのも安心ですね。下のリンクから申し込みできます。

プロミスは30日間無利息!詳しくはプロミス公式サイトで確認♪

④電話での本人確認や書類送付のないWEB完結も利用可能!モビット

4つ目にご紹介するのがモビットです。モビットの最大の特徴は、三菱UFJ銀行か三井住友銀行の口座と社会保険証をお持ちであればネットで全て完結できる便利さです。Web完結なら電話連絡や郵送物が無いので、家族や周りの方に知られたくない人でも安心して利用できます。

金利は3.0%~18.0%と、こちらも通常のキャッシング・消費者金融と同程度です。また、モビットならではのサービスとして「10秒簡易審査」があり、ネット上で審査が通りそうか事前に分かる大変便利なサービスです。

また、大手メガバンクの三井住友銀行グループのモビットなので安心ですね。下のリンクから申し込みできます。

≪モビット≫お財布に安心のカードを1枚!限度額800万円☆金利3.0%~18.0%

⑤来店不要・即日振込対応も可能!キャッシングのフタバ

5つ目のおすすめはキャッシングのフタバです。キャッシングのフタバはCMなどで大規模に宣伝しているキャッシング会社でないので、ご存知ない方も多いと思いますが、創業から40年以上たつ老舗業者なので安心です。

来店不要・即日振込可能ですので、まずは下記リンクから詳細を確認してみてください。

キャッシングのフタバは柔軟な審査で来店不要
WEB申込で24時間全国お申込み受付中
30日間無利息キャンペーン中

まとめ

今回はクレジットカードのリボ払いの危険性について解説しています。

  • クレジットカードの仕組みと支払い方法
  • リボ払いの危険性と金利手数料計算・元金利息返済額シミュレーション

についてまとめています。クレジットカードのリボ払いは毎月の支払い額を一定額できる便利なサービスですが、実質的な借金ですので危険性を十分理解した上で使うようにしましょう。

クレジットカードに関心のある全ての人に有用な記事になれば幸いです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

株の初心者向け株式投資の始め方 テーマ別記事一覧まとめ

みんなの教科書では、株の初心者向け「株式投資の始め方」として「株を始める前の心構え」から「株式投資の税金の払い方」まで、株の初心者でも分かりやすく株式投資を始められるようにひとつひとつ解説しています。

ここでは、株の初心者向け「株式投資の始め方」のテーマ別記事一覧をまとめています。関心のある記事からお読みください。


まとめを読む

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*