預金口座の種類:普通預金貯蓄預金定期預金の金利メリットデメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
By: Steven Depolo

一口に銀行にお金を預けると言っても預金口座は普通預金・貯蓄預金・定期預金といくつか種類があります。それぞれ特徴や金利には違いがあり、メリットとデメリットがあります。これらの預金口座をうまく組み合わせて使うことで、上手にお金を増やすことができます。

そこで今回は「普通預金・貯蓄預金・定期預金の金利とメリット・デメリット、上手な使い方」を解説します。預金口座の特徴を知り、目的にあった口座にお金を預けましょう。

スポンサーリンク

 

3種類の銀行預金口座「普通預金」「貯蓄預金」「定期預金」の金利、メリット・デメリットのまとめ

3種類の銀行預金口座「普通預金」「貯蓄預金」「定期預金」の金利、メリット・デメリットを表にまとめました(金利は2016年3月)。

預金口座 金利 メリット デメリット
普通預金  安い(0.001%程度) 出し入れが無料で自由
1,000万円以内であれば預金保護の対象
金利が安い
時間外手数料がかかる場合がある 
貯蓄預金 安い(0.001%程度)  出し入れが無料で自由
普通預金より高い金利 
 給料振込・公共料金引落に使えない
現在では普通預金と金利が変わらない
定期預金  高い(0.001%~0.200%程度) 銀行預金の中で最も高い金利
1,000万円以内であれば預金保護の対象
一定期間お金を引き出せない
満期日前の解約では金利がつかない

それぞれの口座の特徴をくわしく解説していきます。

普通預金の金利とメリット・デメリット、上手な使い方

普通預金は銀行に口座を開設して、まず初めに利用する預金口座です。一般的に「預金口座」といったらこの普通預金をイメージする方が多いと思います。

普通預金の金利

普通預金の金利はほとんどの銀行で0.001%と預金口座の中で一番低いです。代表的な銀行の金利を一覧にしておきます(2016年3月現在)。

銀行 金利
じぶん銀行 0.001%
ジャパンネット銀行 0.001%
新生銀行 0.001%
住信SBIネット銀行 0.001%
セブン銀行 0.001%
ソニー銀行 0.001%
みずほ銀行 0.001%
三井住友銀行 0.001% 
三菱東京UFJ銀行 0.001% 
ゆうちょ銀行 0.001% 
大和ネクスト銀行 0.005%
 イオン銀行 0.120%
オリックス銀行 0.020%
東京スター銀行 0.020%
楽天銀行 0.020%
SBJ銀行  0.050%

普通預金のメリット・デメリット

普通預金のメリットは、出し入れが無料で自由のためお金が必要になった時に便利という点です。また、1,000万円以内であれば預金保護の対象になり、銀行が倒産しても安心です(1,000万円を超える部分については減額される恐れあり(ペイオフ))。

普通預金のデメリットは、金利が安いという点です。預けてもほとんどお金は増えません。また、出し入れにも夜間や土日祝祭日は時間外手数料がかかる場合があります。

普通預金の上手な使い方

普通預金は出し入れ無料で自由なため、給与の振込口座や公共料金の引き落とし口座など普段使いの口座として使うといいでしょう。

また、1,000万以内であれば預金保護の対象になるため、1,000万円を超える場合は複数の金融機関に分散して預けるようにしましょう。

貯蓄預金の金利とメリット・デメリット、上手な使い方

貯蓄預金はあまり聞き慣れない方も多いかもしれませんが、普通預金の良いところと定期預金の良いところを合わせたちょうど中間の性格な預金です。

貯蓄預金の金利

貯蓄預金の金利はほとんどの銀行で0.001%と預金口座の中で一番低いです。以前はそれなりの金利がついたのですが、低金利の現在は貯蓄預金の金利は普通預金とほどんど変わらないのが現状です。

また、こうした背景もあり、現在貯蓄預金を取り扱っている銀行はとても少ないです。代表的な銀行の金利を一覧にしておきます(2016年3月現在)。

銀行 金利
みずほ銀行 0.001%(残高などによって変動)
三井住友銀行 新規取扱なし
三菱東京UFJ銀行 0.001%(残高などによって変動)
ゆうちょ銀行 0.001%(残高などによって変動)

貯蓄預金のメリット・デメリット

貯蓄預金のメリットは、普通預金と定期預金のいいとこ取りな点です。出し入れが無料で自由にもかかわらず、普通預金よりも高めの金利が適用されます。

貯蓄預金のデメリットは、普通預金と異なり給与の振込口座や公共料金の引き落とし口座に使えないという点です。また、現在の低金利では実質的に普通預金と変わらない金利しか適用されません。

貯蓄預金の上手な使い方

金利が高かった時代は、普通預金の良さと定期預金の良さを併せ持った貯蓄預金は便利な預金口座でした。しかし低金利で普通預金と貯蓄預金の金利が変わらない現状では貯蓄預金を使う意味はほとんど無いと言っていいでしょう。

また、普通預金同様1,000万以内であれば預金保護の対象になります。

定期預金の金利とメリット・デメリット、上手な使い方

預金口座

By: josip2

定期預金は銀行預金の中で最も高い金利が適用される預金口座です。その変わり、ある一定期間に預金を引き出さないことが条件になります。

定期預金の金利

定期預金の金利は銀行によって金利は異なりますが0.001%~0.200%と預金口座の中で一番高いです。代表的な銀行の金利を一覧にしておきます(2016年3月現在)。

銀行 金利(1年) 金利(3年) 金利(5年)
大和ネクスト銀行 0.010% 0.010% 0.010%
みずほ銀行 0.010% 0.010% 0.010%
三井住友銀行 0.010% 0.010% 0.010%
三菱東京UFJ銀行 0.010% 0.010% 0.010%
ジャパンネット銀行 0.020% 0.020% 0.020%
新生銀行 0.025% 0.025% 0.025%
東京スター銀行 0.025% 0.025% 0.025%
ゆうちょ銀行 0.025% 0.025% 0.025%
SBJ銀行  0.025% 0.350% 0.045%
セブン銀行 0.030% 0.040% 0.040%
住信SBIネット銀行 0.030% 0.040% 0.050%
楽天銀行 0.040% 0.050% 0.060%
じぶん銀行 0.050% 0.030% 0.030%
イオン銀行 0.120% 0.170% 0.170%
ソニー銀行 0.150% 0.010% 0.010%
オリックス銀行 0.200% 0.200% 0.200%

定期預金のメリット・デメリット

定期預金のメリットは、何と言っても金利が高いということでしょう。銀行によっては金利がより高い「大口定期預金(1,000万円以上)があり、期間も1ヶ月から10年までと様々なバリエーションを用意しています。

定期預金のデメリットは、決められた期間はお金を引き出せないということです。満期日前に解約すると、予定されていた高い金利を受け取ることができなくなります。 

定期預金の上手な使い方

定期預金は、目先の使いみちがなくある程度の期間寝かせておいてもよいお金や、「1年後の海外旅行」「3年後の大学入学」「5年後の結婚資金」「10年後の住宅購入金」など運用期間が決まっているお金を定期預金に入れると良いでしょう。

また、普通預金や貯蓄預金同様に1,000万以内であれば預金保護の対象になるため、1,000万円を超える場合は「大口定期預金(1,000万円以上)」の金利とリスクを考え、複数の金融機関に分散して預けることを検討しましょう。

また、定期預金には自動積立定期預金という毎月一定額を普通預金口座から定期預金口座に自動的に移してくれる仕組みがあります。旅行資金・学費・結婚費用・住宅購入など、目標となる金額が決まっている貯蓄に向いています。

スポンサーリンク

ご参考 すぐにお金を借りれるカードローン・キャッシング

ここでは、どうしても急にお金が必要な時のために、最短30分でお金を借りれるキャッシングをご紹介します。

もちろんキャッシングは借金なので利息がかかってしまいます。ですが、10万円を年率18%で借りたとして、1日の利息は49円なので今すぐお金が必要な時は借りてしまったほうがよいかもしれません。

特に、レイク・アコム・プロミスなら30日間無利息でお金を借りることもできるのでオススメです。レイク・アコム・プロミスは別記事で詳細解説していますのであわせてお読みください。

①レイクは平日14時までに契約完了なら原則即日融資・即日振込!

最初にご紹介するのがレイクです。

レイクは正確には消費者金融会社でなく「銀行カードローン」に該当しますが、レイクの特徴は、なんといっても、初めて利用する場合に30日間無利息サービスが受けられ、かつ、契約額1万円~200万円までの方は借入額のうち5万円を180日間無利息で借りられます。これは、ほかのキャッシング・カードローン・消費者金融会社には見られないお得なサービスです。

審査は原則即日、平日14時までに契約完了すれば当日振込可能(14時45分までに振込依頼)です。申し込んだら即日審査、今日中にお金を借りることも可能です。お問い合わせ、お申し込みは下のリンクから行うことができます。

レイクについては、他にもお得で便利な情報を記事で解説しています。あわせてお読みください。

②アコムなら最短30分で審査完了、はじめての方なら最大30日間金利0円!

次にご紹介するのがアコムです。はじめてキャッシング・消費者金融を利用される方でも安心して利用できるアコムには、以下のような特徴のサービスがあります。

  • スマホやパソコンでのインターネットで申込完結
  • 3秒診断
    借入可能かどうか、ネットですぐに確認できます。
  • 審査は最短30分!もちろん、当日振込可能
    審査は最短30分。当日振込で、申し込んだその日にお金を借りることも可能です。
    ※受付時間によっては、振込が翌営業日となる場合があります。
  • 30日間金利0円
    ※はじめてアコムを利用する場合に限ります。

アコムへのお申し込みは下のリンクから行うことができます。

アコムについては、他にもサービスの内容を詳しく解説しています。あわせてお読みください。

最短1時間で審査終了・平日14時までに契約完了できたら当日振込!プロミス

3つ目にご紹介するのがプロミスです。プロミスの最大の特徴は最短1時間で審査が終了し、平日14時までに契約完了できれば当日振込というスピードの速さです。24時間365日申し込み可能なので急にお金が必要になった時に便利です。

金利は4.5%~17.8%と、一般的なキャッシング・消費者金融よりも低めです。担保・保証人不要、年齢20歳以上・69歳以下のご本人に安定した収入のある方なら、主婦や学生でも申込可能です。

CMでもよく見かける名前が広く知られている大手消費者金融会社というのも安心ですね。下のリンクから申し込みできます。

プロミスは30日間無利息!詳しくはプロミス公式サイトで確認♪

④電話での本人確認や書類送付のないWEB完結も利用可能!モビット

4つ目にご紹介するのがモビットです。モビットの最大の特徴は、三菱UFJ銀行か三井住友銀行の口座と社会保険証をお持ちであればネットで全て完結できる便利さです。Web完結なら電話連絡や郵送物が無いので、家族や周りの方に知られたくない人でも安心して利用できます。

金利は3.0%~18.0%と、こちらも通常のキャッシング・消費者金融と同程度です。また、モビットならではのサービスとして「10秒簡易審査」があり、ネット上で審査が通りそうか事前に分かる大変便利なサービスです。

また、大手メガバンクの三井住友銀行グループのモビットなので安心ですね。下のリンクから申し込みできます。

≪モビット≫お財布に安心のカードを1枚!限度額800万円☆金利3.0%~18.0%

⑤来店不要・即日振込対応も可能!キャッシングのフタバ

5つ目のおすすめはキャッシングのフタバです。キャッシングのフタバはCMなどで大規模に宣伝しているキャッシング会社でないので、ご存知ない方も多いと思いますが、創業から40年以上たつ老舗業者なので安心です。

来店不要・即日振込可能ですので、まずは下記リンクから詳細を確認してみてください。

キャッシングのフタバは柔軟な審査で来店不要
WEB申込で24時間全国お申込み受付中
30日間無利息キャンペーン中

まとめ

今回は「普通預金・貯蓄預金・定期預金の金利とメリット・デメリット、上手な使い方」を解説しています。

  • 普通預金の金利、メリット・デメリット、上手な使い方
  • 貯蓄預金の金利、メリット・デメリット、上手な使い方
  • 定期預金の金利、メリット・デメリット、上手な使い方

についてまとめています。預金口座のメリット・デメリットをよく理解しうまく組み合わせて上手にお金を増やしましょう。

貯金に関心のある全ての人に有用な記事になれば幸いです。

スポンサーリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

株の初心者向け株式投資の始め方 テーマ別記事一覧まとめ

みんなの教科書では、株の初心者向け「株式投資の始め方」として「株を始める前の心構え」から「株式投資の税金の払い方」まで、株の初心者でも分かりやすく株式投資を始められるようにひとつひとつ解説しています。

ここでは、株の初心者向け「株式投資の始め方」のテーマ別記事一覧をまとめています。関心のある記事からお読みください。


まとめを読む

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*