不動産投資で節税?節税効果のない減価償却や法人化の失敗事例3つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
By: Philip Taylor

不動産投資を始めたら確定申告をすることになりますが、減価償却や法人化をうまく活用すれば節税することができます。しかしネットや本で言われている不動産投資による節税方法でも実際にはうまくいかないケースがあります。

そこで今回は「不動産投資で節税しようとしたが節税効果がなかった失敗事例」を解説します。失敗事例を知ることで、同じ様な間違いを犯さないように気をつけることができます。

スポンサーリンク

 

不動産投資における節税効果のない減価償却や法人化の失敗事例のまとめ

今回解説する「不動産投資における節税効果のない減価償却や法人化の失敗事例3つ」をまとめると下の表のようになります。

番号 節税方法 失敗理由
物件価格の建物の金額を大きく割り振り、減価償却の額を増やす 減価償却で節税効果は得られるが、物件売却時の課税所得が大きすぎるとうまくいかない
築年数の古い物件で建物の金額を大きく割り振り、短い期間に大きく減価償却する 割り振る金額に限界があるのと、物件売却時の課税所得が大きすぎるとうまくいかない
法人化により様々な費用を経費参入する 法人化による経費参入にも限界があるのと、個人のままでもある程度節税できる

それぞれの内容について詳しく解説していきます。

不動産投資における節税効果のない減価償却や法人化の失敗事例① 「減価償却の額を増やす」

不動産投資における物件の減価償却費は、経費として認められるため所得を押し下げます。そのため、減価償却費は一定の所得税・住民税の節税効果があります。

減価償却の節税効果

しかし注意すべきなのは、減価償却の節税効果を享受できるのは投資期間中のみなのです。減価償却は取得原価を下げるため、不動産投資の出口として物件を売却する際には逆に課税対象となる譲渡所得がその分押し上げられることになります。

したがって、物件取得-投資期間-物件売却の不動産投資全体としては、厳密には「『所得税・住民税の税率』と『譲渡所得税の税率』の差による節税効果」しか得られないということになります(下の図を参照)。

税率の差による節税効果

譲渡所得税は長期と短期で税率が異なります。

譲渡期間 所得税 住民税 合計
長期 所有期間5年超 15% 5% 20%
短期 所有期間5年以下 30% 9% 39%

所得税・住民税の実効税率を30%とすると、長期譲渡の場合は譲渡所得税が20%ですので、節税効果は10%になります。仮に物件売却時の減価償却累計額が500万円だとしたら、500万円30%=150万円の節税効果はあったが、売却時に500万円20%=100万円の譲渡所得税が余計にかかるため、実際の節税効果は差し引き50万円しかないということなのです。

一方、短期譲渡の場合は同じケースだと、譲渡所得税が500万円39%=195万円余計にかかるので、節税効果どころか45万円余計に税金がかかったことになってしまうのです。

「減価償却の額を増やす」失敗事例のポイントは以下の2点です。

  1. 減価償却の節税効果は「『所得税・住民税の税率』と『譲渡所得税の税率』の差による節税効果」しか得られない
  2. 短期譲渡の場合はむしろ損な場合がある

不動産投資における節税効果のない減価償却や法人化の失敗事例② 「短い期間に大きく減価償却する」

築年数がかなり古い物件(木造アパートなど)は、耐用年数の短さから減価償却期間が短くなります。そのため、減価償却費として毎年経費にできる金額も大きくなり、節税効果が高いと言われます。物件価格の建物の金額をなるべく多く割り振り、短期間で大きな減価償却費を発生させる事は有効でしょうか?

事例で考えてみましょう。

  • 4,000万円で築30年の木造アパートを購入
  • 建物3,600万円・土地400万円で割り振る
  • 年間900万円・4年間で減価償却する
  • 毎年の減価償却費をほかの物件の課税所得と相殺する
  • 減価償却終了後に売却

売却時には物件の取得原価は土地の分400万円になるため、4年後に売却すると3,600万円39%で1,404万円の譲渡所得税が、1年待ったとすると3,600万円20%で720万円の譲渡所得税がかかります。

これは失敗事例①と同様に、厳密には「『所得税・住民税の税率』と『譲渡所得税の税率』の差による節税効果」しか得られないということになるため、果たして本当に節税効果が高いかどうかは検討の余地があります。

なお、税法で決められてる建物の耐用年数は、RC(鉄筋コンクリート)が47年、重量鉄骨が34年、木造が22年です。中古物件を購入した場合、正式には築年数が耐用年数を超えている場合は「残りの耐用年数=法定耐用年数0.2」となり、築年数が耐用年数以下の場合は「残りの耐用年数=(耐用年数-経過年数)+経過年数0.2」で計算します。ここでは分かりやすい数字で計算しています。

また、建物の金額を大きく割り振るといっても限界があり、税務調査を受けた時に修正しなくてはならない事もあります。

「短い期間で大きく減価償却する」失敗事例のポイントは以下の3点です。

  1. 減価償却の節税効果は「『所得税・住民税の税率』と『譲渡所得税の税率』の差による節税効果」しか得られない
  2. 建物の金額の割り振りには限度がある

不動産投資における節税効果のない減価償却や法人化の失敗事例③ 「法人化により経費参入する」

法人を設立し物件を購入し不動産投資することで、様々な費用を経費として落とすことで節税効果を得るという方法があります。確かにその通りなのですが、ここで注意すべき点が3点あります。

  1. 個人でも控除を受けられる
    不動産投資の事業規模が大きくなった時(5棟10室)には個人でも事業税がかかりますが、290万円までは控除されます。これは法人の場合は対象にならない控除です。
  2. 法人特有のコストがかかる場合がある
    法人では法人税や雇用保険・労災保険などの法人ならではのコストがかかってきます。
  3. 個人の方が法人よりも税額が安い場合がある

ここでは3の「個人の方が法人よりも税額が安い場合がある」を事例で見ていきましょう。

個人(個人事業)と法人の税金

個人(個人事業)と法人の税金には以下のような違いがあります。

項目 個人(個人事業) 法人
税金の種類 所得税・個人住民税・個人事業税 法人税・法人住民税・法人事業税
所得税 所得金額による累進課税(別表) なし
法人税 なし

所得800万円以下:15%
所得800万円以上 :22.5%
(資本金1億円以下)

住民税

所得割:10%
均等割:一律4,000円
(東京都)

法人税割:法人税額の17.3%
均等割:70,000円(資本金1000万以下)
(東京23区)
事業税 事業所得の5% 所得400万円以下:3.4%
所得400万円~800万円:5.1%
所得800万円以上:6.7%
(普通法人・東京都)

所得税の計算表

また、所得税は累進課税で以下のように計算されます。

課税所得 税率 控除金額
195万円以下 5% 0円
195万円超~330万円以下 10% 97,500円
330万円超~695万円以下 20%  427,500円
695万円超~900万円以下 23% 636,000円
900万円超~1,800万円以下 33% 1,536,000円
1,800万円超~4.000万円以下 40% 2,796,000円
4,000万円超 50% 4,796,000円

所得税額は、所得税額=課税所得税率-控除金額の式で計算されます。

課税所得による個人(個人事業)と法人の税額の違い

では、これらの税額計算にもとづき、課税所得による個人(個人事業)と法人の税額の違いを見ていきましょう。

課税所得300万円の場合

項目 個人(個人事業) 法人
所得税 202,500円
(300万円10%-97,500円)
なし
法人税 なし

450,000円
(300万円15%)

住民税

304,000円
(300万円10%+4,000円)

147,900円
(45万円17.3%+70,000円)
事業税 37,500円
((300万円+65万円-290万円)5%)
102,000円
(300万円3.4%)
合計 544,000円 699,900円

このように、個人(個人事業)の方が税額が少なく得なことがわかります。

課税所得600万円の場合

項目 個人(個人事業) 法人
所得税 772,500円
(600万円20%- 427,500円)
なし
法人税 なし

900,000円
(600万円15%)

住民税

604,000円
(600万円10%+4,000円)

225,700円
(90万円17.3%+70,000円)
事業税 187,500円
((600万円+65万円-290万円)5%)
238,000円
(400万円3.4%+200万円5.1%)
合計 1,564,000円 1,363,700円

課税所得600万円になると法人の方が税額が少なく得なことがわかります。

「法人化により経費参入」失敗事例のポイントは以下の2点です。

  1. なんでも経費参入できる訳ではない
  2. 課税所得によって法人化が得かどうか変わる

ご参考:不動産投資を成功させるために参加しておくべきセミナー

不動産投資を成功させるためには様々なノウハウが必要です。それには面倒でも専門家が主催するセミナーに参加する必要があります。おすすめのセミナーをいくつか紹介します。 

ファイナンシャルプランナーにノウハウを聞く!「0から始める目からウロコの資産づくりセミナー」

「0から始める目からウロコの資産づくりセミナー」は不動産投資をこれから始めようとしている方や初心者の方に、経験豊富なファイナンシャルプランナーが基本から不動産投資のノウハウを教えてくれる無料セミナーです。

まだ知識が無い方向けに「ゼロから」不動産投資によるう資産形成の方法を学ぶことができます。

「0から始める目からウロコの資産づくりセミナー」の特徴

「0から始める目からウロコの資産づくりセミナー」には以下のような特徴があります。

  • 経験豊富な1級ファイナンシャル・プランナーが講師をつとめる
    ファイナンシャル・プランナーの中でも2%しかいない1級保持者で、資産づくり・資産運用に豊富な知識と経験のある方が講師をつとめています。
  • 誰にでもあるお金の悩みに対する答えを提供してくれる
    子どもの教育費や老後の生活、今後の生活の資金などに悩んでいる方には最適なセミナーです。
  • セミナーでしか聞けない「マル秘」情報を手に入れられる
    不動産業者が普通は一般の人には話さない「不動産物件チェックポイント」「業界人しか知らない裏話」「新築と中古物件のどちらが得か?」など、セミナーでしか得られない情報がてに入ります。

ローリスク・ミドルリターンな不動産投資をゼロから学べるとあって、不動産投資の初心者にはとても適したセミナーです。

不動産投資の王道を学ぶならこれ!
ゼロから始める目からウロコの不動産投資セミナー

不動産投資の疑問・質問は現役の投資家に聞くのが一番!「不動産コンシェルジュ」

「不動産コンシェルジュ」は実際に不動産投資を行っている現役の投資家に不動産投資に関する相談ができるサービスです。

不動産業者や専門家から話を聞くセミナーは沢山ありますが、現役の投資家に相談しアドバイスをもらえるのは、日本でもここしかない貴重なサービスです。しかも相談は無料でできます。

「不動産コンシェルジュ」の特徴

「不動産コンシェルジュ」には以下のような特徴があります。

  • 現役の投資家に相談できるから売り込みや誇張がない
    相談相手は投資家ですので物件の売り込みやサービスの利用をしつこく勧められるような事がありません。あくまで先輩投資家の立場からアドバイスが受けられます。
  • 「すでに成功している」投資家に相談できる
    不動産コンシェルジュに登録している投資家は、運営会社が厳選した、10年以上の経験と普通のサラリーマンの年収以上に副収入のある不動産投資家に厳選しています。
  • いい話ばかりでなく悪い話も聞ける
    業者や専門家のセミナーは、「話せないこと」がある場合があります。業者・物件・ローンの見極め方や選び方など、利害関係がないからこそ聞ける話があるのです。

不動産投資で成功するには、まずどうしたら成功するかを知ることが必須です。そういう意味では実際に成功している投資家に相談するというのはとても良い方法です。

不動産投資する前に現役不動産投資家へ無料相談【不動産投資家コンシェルジュ】

民泊で月20万円の副収入を目指す!「Airbnb実践無料メルマガ」

「Airbnb実践無料メルマガ」は、Airbnbを使った「民泊」で月20万円の副収入を狙うノウハウをメルマガで学べます。

いま何かと話題の「民泊」。基本的には空き部屋や家を外国人観光客にホテル代わりに貸すことで収益を上げるビジネスです。東京都大田区では「民泊特区」になるなど、東京オリンピックに向けた需要拡大を背景に市場が大きく伸びています。

ただし、Airbnbでの「民泊」は通常の賃貸とは違う不動産投資のため、「民泊」に適した物件の選び方や外国人観光客に対する対応方法など、実は様々ま特殊なノウハウが必要になるのです。「Airbnb実践無料メルマガ」ではそんなノウハウをメルマガで学べます。

「Airbnb実践無料メルマガ」の特徴

「Airbnb実践無料メルマガ」には以下のような特徴があります。

  • 実際にAirbnbで大家として不動産投資を行っている方がメルマガを作成
    メルマガを作成している「モバイル大家・中井氏」は、サラリーマンのかたわらスマホやPCを駆使して副業でAirbng投資を始め半年で月20万円の実績をあげたということです。
  • Airbnbを使った「民泊」不動産投資に特化したノウハウを提供
    Airbnbに適した物件の選び方・外国人観光客に好まれる部屋の作り方・ゲストとの上手なつきあい方など、Airbnbならではのノウハウが詰まっています。

メルマガ自体の登録は無料ですので、様々な不動産投資の方法を学ぶぐらいのつもりで登録するといいでしょう。

Airbnbで「月20万円の追加収入」を獲得!
モバイル大家・中井が教える
Airbnb実践無料メルマガ

スポンサーリンク

まとめ

今回は「不動産投資で節税しようとしたが節税効果がなかった失敗事例」を解説しました。

  1. 不動産投資における節税効果のない減価償却や法人化の失敗事例① 「減価償却の額を増やす」
  2. 不動産投資における節税効果のない減価償却や法人化の失敗事例② 「短い期間に大きく減価償却する」
  3. 不動産投資における節税効果のない減価償却や法人化の失敗事例③ 「法人化により経費参入する」

についてまとめています。不動産投資による節税方法もやり方によってはうまくいかないケースがあります。失敗事例を知ることで同じ間違いを犯さないように注意することができます。

不動産投資に関心のある全ての方に有用な記事になれば幸いです。

スポンサーリンク

ご参考 平日14時までに契約完了なら即日融資・即日振込のレイク

ここでは、急にお金が必要になった時に、即日でお金を借りられる新生銀行カードローンのレイクをご紹介します。カードローンは金利がかかりますが、10万円を年率18%で借りたとして、1日の利息は49円なので今すぐお金が必要な時は借りてしまったほうがよいかもしれません。

レイクの特徴は、初めて利用する場合に30日間無利息サービスが受けられ、かつ、契約額1万円~200万円までの方は借入額のうち5万円を180日間無利息で借りられます。これは、ほかのキャッシング・カードローン・消費者金融会社には見られないお得なサービスです。

他に、以下のサービスが充実しています。

  • スマホ等で申込すれば来店不要
    パソコンやスマホ等でインターネットから申し込めば来店せずにお金を借りられます。
  • 電話での在籍確認に問題があれば相談可能
    電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。
  • 審査は原則即日、平日14時までに契約完了すれば当日振込可能(14時45分までに振込依頼)
    申し込んだら即日審査、今日中にお金を借りることも可能です。
  • 新生銀行カードローンだから安心
    レイクはもともと独立系消費者金融会社でしたが、今は新生銀行のカードローンとなっています。

お申し込みは下のリンクから行うことができます。

レイクについては、他にもお得で便利な情報を記事で解説しています。あわせてお読みください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

情報・知識・ノウハウを得て不動産投資を成功させるための本・セミナー・サービスのまとめ

初心者にとっては不動産投資の用語・流れ・始め方・注意事項など何をとってもわからないことだらけだと思います。そこでみんなの教科書では「知識・情報・ノウハウを得て不動産投資を成功させるための本・セミナー・サービス」をまとめてご紹介しています。

不動産投資はリスクのある投資ですが、きちんと勉強して知識・情報・ノウハウを身に付けることで成功確率を高めることができます。ぜひお読み下さい。


まとめを見る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*