起業して成功するために起業家が知っておくべき23の投資家の考え方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
By: Tendenci Software

起業してビジネスを大きく成功させるには投資を受ける必要があります。エンジェルと呼ばれる個人投資家やベンチャーキャピタルは、どんな考え方を持ち起業家に何を期待しているのでしょうか?投資家の考え方を知ることは、起業家にとって成功のための大きなポイントの1つといえます。

Funders and Foundersに「The Hacker’s Guide to Investors」(投資家とうまくつきあうための起業家向けガイド)という記事がありましたので日本語に訳してみました。

スポンサーリンク

 

Funders and Founders「The Hacker’s Guide to Investors」

Funders and Foundersというサイトがあります。起業やスタートアップ、資金調達や投資、成功や失敗に関する情報をインフォグラフィックスでビジュアルにわかりやすく表現しています。

その中に「The Hacker’s Guide to Investors」(投資家とうまくつきあうための起業家向けガイド)という記事があり、個人投資家やベンチャーキャピタルは、どんな考え方を持ち起業家に何を期待しているかをまとめていましたので日本語に訳してご紹介します。

ちなみに、オリジナルは起業家・投資家のPaul Graham(ポール・グレアム)の2007年の同名のエッセイ「The Hacker’s Guide to Investors」(投資家とうまくつきあう起業家向けガイド)です。もう10年近く前のエッセイですが、今も使えそうな教訓がまとめられています。

また、ポール・グレアムの2006年のエッセイ「The 18 Mistakes That kill Startups」(スタートアップを殺す18の理由)と2007年のエッセイ「Why to Not Not Start a Startup」(なぜスタートアップを始めてはいけないか)については別記事にまとめています。合わせてお読みください。

みんなの教科書記事 起業したスタートアップやベンチャーが失敗する18の原因
みんなの教科書記事 今あなたがスタートアップを起業するべきでない16の理由とタイミング

なお、ポール・グレアム(Wikipediaのページ)は起業家・投資家でベンチャーキャピタル「Y Combinator」の創業者としても有名な人物です。エッセイをまとめたものは「ハッカーと画家」として出版もされています。

起業して成功するために起業家が知っておくべき23の投資家の考え方

起業して成功するために起業家が知っておくべき投資家の23の考え方

上の画像と下の文章はFunders and Founders「The Hacker’s Guide to Investors」を日本語訳したものです。

1.スタートアップ=起業家+投資家

起業家は投資を求めて投資家を訪ねるけど、投資家が起業家のところに行く訳じゃないんだ。

Startup hub = nerds + the rich.
Nerds move to where rich people are, but not the other way around. 

2.エンジェルは大きなリスクを取る

エンジェル(スタートアップ創業期に投資する個人投資家)は、初期のスタートアップが生き残るためにとても重要な存在だ。

Angels take more risk.
They are more important to startup’s survival at the beginning.

3.エンジェルは目立ちたがらない

エンジェルは、沢山の起業家がビジネスプランを持ってわいわいと押し寄せることを望んでいない。

Angels don’t like publicity.
Angels don’t want random people pestering them with business plans.

4.ベンチャーキャピタルと起業家は全く別物

ベンチャーキャピタルは何も生み出さない。だけど彼らは良い起業家を見極めるプロだ。

VCs are not like hachers.
VCs don’t make thing. But the are experts at reading people.

5.ベンチャーキャピタルは他のベンチャーキャピタルの投資先に投資する

優れたベンチャーキャピタルは、どのスタートアップが成長するか予想するんじゃなく、競合よりも少しだけ早く成長するスタートアップを見つけて投資するんだ。

VCs invest in what other VCs invest in.
VCs don’t win by predicting what will go big but by noticing that something is going big a little sooner than others.

6.ベンチャーキャピタルはIPOできるスタートアップを求める

IPO(株式公開)する野心的な中長期のビジネスプランは、ベンチャーキャピタルにもエンジェルにも魅力的に映る。

VCs want startups that can go public.
Having an ambitious long-term plan to IPO appeals to both VCs and angels.

7.ベンチャーキャピタルは沢山お金を投資したい

投資金額が多かろうが少なかろうが、ベンチャーキャピタルにとって投資の手間は変わらないから。

VCs want to invest a lot of money.
A board seat with a large stake or a small stake takes the same amount of VC time.

8.企業価値評価は後付け

投資の大きさが企業価値評価を決める。決して企業価値評価が投資の大きさを決める訳じゃない。

Valuations are fictions.
The size of an investment determines the valuation, not the other way around.

9.投資家は成功する起業家を見つける方法を探している

投資家は自信に満ちたスティーブ・バルマー(元マイクロソフト社長で、エンジニアタイプのビル・ゲイツをビジネス面でサポートした)のような起業家像を、成功する起業家として期待している。でも、ビル・ゲイツのような起業家は、実際は最初は無能に見えるものだ。

Investors look for star similarities.
They expect a confident Steve Balmer, thinking he is a Bill Gates, while the real Bill looks clueless at first.

10.起業家が投資家から得られるものはお金だけではない

全ての投資家は起業家にアドバイスをくれるし、良い投資家は良いアドバイスをくれる。

Investors give more than just money.
All investors give advice, good investors give good advice.

11.ベンチャーキャピタルは悪く見られたがらない

ベンチャーキャピタルは(年金基金を運用する機関投資家のように)悪名を轟かせたくないと思っている。

VCs fear looking bad.
VCs don’t want to do anything that would sound bad to the kind of “doofuses” who run pension funds.

12.投資を断られるのは大したことじゃない

投資家は自分たちでも認めているように、しばしば判断を間違うもんだ。投資家はあまりにも多過ぎる候補から投資先を選ばなくてはならないから。

Being turned down by an investor doesn’t mean much.
Investors are often wrong, they admit it. But they have too many great deals to choose from anyway.

13.投資家はすぐ感情的になる

投資交渉はハードで性格を変えてしまう。ベンチャーキャピタルは女子高生みたいに、言い分が通らないのを嫌がるんだ。

Investors are emotional.
Investment negotiations easily turn personal; VCs, like high school girls, don’t want to be rejected first.

14.最後まで交渉を続けるべきだ

タームシート(投資契約の要点をまとめた書類)は契約じゃない。契約締結までは自分の主張を押し続けるべきだ。

Don’t stop negotiating until closing.
A term sheet is not a deal; keep pushing until you actually close.

15.投資家は共同で投資したがる

複数の投資家がいる投資交渉はまとまりやすい。

Investors like to co-invest.
A deal with multiple investors is more likely to close.

16.投資家達はお互い協力しあう

投資家達はお互いが良い投資をするために、いつも協力しあう関係を保っている。

Investors collude.
They are constantly trading little favors; their relationship with each other trumps getting the deal.

17.投資家は何よりポートフォリオを重要視する

大きな投資家は彼らのポートフォリオ(投資先企業の組み合わせ。リスクやリターンをバランス良くすること)がどうなるか気にするんだ。個人投資家はそうでもない。

Investors care about the portfolio above all.
Large investors care about their portfolio more than about any individual company. 

18.ベンチャーキャピタルは起業家よりもリスクテイカーだ

ベンチャーキャピタルは100万ドルを100%確実に得られる投資よりも、1,000万ドルを20%の確率で得られる投資を選ぶ。

VCs are bigger risk-takers than founders.
VCs  would rather take a 20% chance of $10M than a 100% chance of &1M.

19.投資家にもいろんなタイプがある

賢い投資家は、落ち着いていて秘密を守り誠実だ。

Investors vary greatly.
The smarter investors are calmer, more confident, and more honest.

20.投資家は起業家の資金調達コストを分かっていない

投資家は資金調達するために起業家が大きなお金を使っていることに気づいていない。

Investors don’t know about the cost of raising.
Investors don’t realized that raising money costs founders big money.

21.投資家は「NO」と言わない

もうタームシートは持っているかい?無いのなら、それは投資家が投資できないって言っているってことさ。

Investors don’t like to say no.
Look down at your hands. Are you holding a term sheet? If not, the investor is saying no.

22.起業家には投資家が必要

起業家には投資家が必要だ。投資を受けて成長し自社との競争に勝とうとする競合他社がいるからなんだ。

You need investors.
You need them because you will have competitors who will take investment.

23.投資家は「投資は必要ない」という起業家を好む

投資家は、起業家に「事業を起こす資金を投資してください」と言われる事は好まない。「列車はもう駅を離れようとしている。あなたは乗っているのか?」などと言われる事を好む。

Investors like it when you don’t need them.
They like when you come to them saying “The train is leaving the station, are you in or out?”.

スポンサーリンク

まとめ

今回の記事では個人投資家やベンチャーキャピタルは、どんな考え方を持ち起業家に何を期待しているをまとめています。

  1. スタートアップ=起業家+投資家
  2. エンジェルは大きなリスクを取る
  3. エンジェルは目立ちたがらない
  4. ベンチャーキャピタルと起業家は全く別物
  5. ベンチャーキャピタルは他のベンチャーキャピタルの投資先に投資する
  6. ベンチャーキャピタルはIPOできるスタートアップを求める
  7. ベンチャーキャピタルは沢山お金を投資したい
  8. 企業価値評価は後付け
  9. 投資家は成功する起業家を見つける方法を探している
  10. 起業家が投資家から得られるものはお金だけではない
  11. ベンチャーキャピタルは悪く見られたがらない
  12. 投資を断られることは大したことじゃない
  13. 投資家はすぐ感情的になる
  14. 最後まで交渉を続けるべきだ
  15. 投資家は共同で投資したがる
  16. 投資家達はお互い協力しあう
  17. 投資家は何よりポートフォリオを重要視する
  18. ベンチャーキャピタルは起業家よりもリスクテイカーだ
  19. 投資家にもいろんなタイプがある
  20. 投資家は起業家の資金調達コストを分かっていない
  21. 投資家は「NO」と言わない
  22. 起業家には投資家が必要
  23. 投資家は「投資は必要ない」という起業家を好む

オリジナルは起業家・投資家のPaul Graham(ポール・グレアム)の2007年のエッセイです。起業して成功するためには投資を受けてビジネスを大きく成長させる必要があります。出資してもらう投資家の考え方を知っておくことは、起業家にとっても成功のための大きなポイントかもしれませんね。

起業に関心のある全ての人に有用な記事になれば幸いです。

スポンサーリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

起業や新規事業の成功確率を高めるビジネスプランの作り方

起業や新規事業の成功と失敗を分けるものは何でしょうか?起業の成功確率を高めるには、実際に始める前に実現可能性の高いビジネスプランを作成して、しっかりと準備して起業にのぞむことが重要です。

ビジネスプランにはどんな要素が必要でそれらをどう作成するかについてのポイントをまとめています。ぜひご覧ください。


まとめを見る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*